Haxe の特徴

Haxe のいくつかの特徴のリストです。Haxe を始めるにはすべてを学んだり使ったりする必要はないので,長すぎると心配する必要はありません。

サポートされるプラットフォーム

多くのクライアントサイドのプラットフォームがサポートされています。

  • JavaScript にコンパイルし,単一の .js ファイルを生成できます
    • JS ソースマッピングを使用して、Haxeのソースコードを直接デバッグできます(Haxe 2.09以降で-debugを使用)
  • C++ にコンパイルし,ネイティブな実行ファイルに変換できます。
    • iOS、Android、BlackBerryなどのモバイル環境をターゲットとする
    • NMEで良い例が見れます
  • Flash にコンパイルし,.swf ファイルを生成できます。高度な最適化により、多くの場合Haxe出力のswfファイルはAS3より高速に動きます。
    • Adobe AIR アプリケーションやFlash 6-11に対応しています
    • SWCを生成したり、SWFライブラリを読み込んだりできます
    • 型付けされた配列を読み込む際に自動的にキャストします
    • AS3 ソースコード にコンパイルできます

同様にサーバーサイドでもHaxeを使用できます。

  • NodeJSなどのサーバーサイドJSを使用できます
  • NekoVM にコンパイルし,単一の .n バイトコードのファイルを生成します
    • コマンドラインから実行できます
    • Apache ウェブサーバで実行できます (mod_neko または mod_tora を使用)
  • PHP 5 にコンパイルできます

言語の特徴

コンパイラの特徴

ライブラリとツール

  • Firebug のサポート
  • クロスプラットフォームの XML のサポート
  • web で互換性のあるクロスプラットフォームのシリアル化
  • Haxe Remoting Tutorials でのクロスプラットフォームの通信
  • ScreenweaverHX での Flash デスクトップ・アプリケーションのビルド
  • ユニットテスト のサポート
version #16071, modified 2013-02-24 17:20:14 by shohei909